1. TOP
  2. よみもの
  3. コラム
  4. フラーレン
  5. フラーレンってなに?

フラーレンってなに?

フラーレンってなに

フラーレンとは、炭素のみがサッカーボール状に構成された分子のこと。
グラファイト、ダイヤモンドに次ぐ、第3の炭素同素体として注目を集めました。
高い抗酸化力を持っており、化粧品原料としては2005年から発売されています。

発見者はノーベル化学賞受賞

フラーレンの発見は1985年のこと。
イギリスのサセックス大学とアメリカのライス大学との共同研究の中
3人の科学者たちが、宇宙空間の再現実験を行っている中で偶然発見されました。

発見の功績が認められ、その後1996年に発見者らはノーベル化学賞を受賞しています。

 

スキンケアアイテムとして活躍

研究をすすめるうちに、フラーレンに抗酸化力がある事が判明。
様々な応用ができるのではと研究が進められます。

しかしフラーレンは炭素のみで構成されており、
水に溶けないものでした。
そのため化粧品原料としてスキンケアアイテムに混ぜることは非常に困難でした。

その後日本の企業がフラーレンの研究を進めることになりました。
水溶性フラーレンの「ラジカルスポンジ」という
フラーレンを水性成分に分散させる技術が開発されました。

 

この水溶性のフラーレン化粧品原料の開発により、
2005年よりビタミンC60バイオリサーチ株式会社が販売を開始。

現在ではたくさんのスキンケアアイテムに配合されています。
また、国内外の様々な研究機関・大学の多くの科学者の興味を持ち調査がなされ
美容効果とともに安全性が高いことも確認されています。

 

 

 

 

 

スタッフ 工藤

同じカテゴリーの記事

PageTop