1. TOP
  2. よみもの
  3. CoCoRoキッチン
  4. 餃子の皮で簡単 鮭のキッシュ

餃子の皮で簡単 鮭のキッシュ

こんにちは。スタッフの工藤です。

餃子の皮ってたっぷり入ってるから、なかなか使い切れない…

そんなときにはコレです。

餃子の皮で簡単 鮭のキッシュ

餃子の皮で簡単 鮭のキッシュ

材料(6個分)

・餃子の皮 6枚
・卵 2個
・豆乳 大さじ1
・焼いてほぐした鮭 お好みの量
・しめじ 1/2
・玉ねぎ 1/2
・スライスしたミニトマト 2個
・ブラックペッパー 適量
・顆粒コンソメ 適量
・とろけるチーズ 適量
・かいわれ 適量
・サラダ油 適量

 

作り方

① オーブンを190度に熱しておきます。

② フライパンにサラダ油をひき、玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、しめじと、焼いてほぐした鮭を入れ炒め、ブラックペッパーと顆粒コンソメで味付けし、炒め終わったら粗熱をとります。

③ 卵と豆乳を混ぜて卵液を作ります。

④ マフィンの型にサラダ油を塗り、餃子の皮を型に沿って敷きます。

⑤ 炒めた具材を餃子の皮の上にのせ、卵液を流し込み、チーズをかけ、最後にミニトマトのスライスをのせます。

⑥ 190度に熱しておいたオーブンで20分程度焼きます。

⑦ 冷まして型から取り外し、かいわれを散らしたら完成。

 

食材の豆知識

今回は「鮭」をメインの具材にしました。

鮭は女性にとって嬉しい効果がたくさんで「スーパーアンチエイジングフード」と言われるほどに健康、美容に効果が高い食材です。

鮭にはレモンよりも6000倍もの抗酸化力があるそうですよ!

鮭の持つ抗酸化パワーで、シミやしわを解消して美肌を手に入れましょう♪

鉄分とオメガ3脂肪酸が豊富でうつ病防止にもいいと言われています。

それと「卵」も女性にとってとっても嬉しい食材です。

卵はたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、ビタミンCを除く私たちの体に必要な栄養素が含まれる完全栄養食品です。

卵の良質なコレステロールは、女性ホルモンをつくる原料になります。

つまり、コレステロールがないと常にホルモンが分泌されないということ。

卵は手軽に料理できますので、毎日食べて美容と健康維持に役立てたいですね。

 

おすすめポイント

今回は冷蔵庫にあった玉ねぎとしめじ、鮭を使いましたが、ほかにも鶏肉とかピーマンとか…アレンジ自在です。

いろんなバージョンを作ってみようと思っています。

手が込んでいるように見えて、ものすごく簡単にできるので、ありがたい一品です 笑♡

 

スタッフ 工藤

同じカテゴリーの記事

PageTop