1. TOP
  2. よみもの
  3. CoCoRoキッチン
  4. イソフラボンたっぷり♪大豆と野菜のマリネ

イソフラボンたっぷり♪大豆と野菜のマリネ

こんにちは。スタッフの久保です。

最近はお弁当を毎日作るため、週末に日持ちするお惣菜を作りだめしています。

副菜がいくつか冷蔵庫に入っていると、朝食や夕食の時のあともう1品!でもお役立ちなので、重宝しています。

そんな作り置きレシピの中から、今月は女性ホルモンの強い味方。イソフラボンたっぷりの「大豆」を使ったマリネです。

作りたてもおいしいですが、数日たって味がしっかりしみこんできたころも、また違った味わいとなり長く楽しめます。

 

大豆と野菜のマリネ

大豆と野菜のマリネ

 

材料

・ツナ缶…小1缶(約70g)

・紫玉ねぎ(または玉ねぎ)…1/4個

・きゅうり…1本

・大豆の水煮…100g

・枝豆(さやから出したもの)…100g

・パセリ…3~4枝分

・ミニトマト…10個

マリネ液(お酢・オリーブオイル各大さじ1.5、粒マスタード小さじ1強、塩・粗びき黒こしょう各少々)

 

作り方

① 玉ねぎとパセリはみじん切り、きゅうりは5mm角に切る。

② 缶汁をきったツナと、大豆、枝豆、①の野菜をボウルに入れて、混ぜる。マリネ液の材料をよく混ぜ合わせ、少量ずつ加えながら和える。

③ トマトを半分にカットして、軽く混ぜ合わせる。

④ 保存容器に入れて冷蔵庫で少し寝かせる。

 

食材の豆知識

【大豆】

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボン。

症状が軽い方はこれで改善できるといわれるくらい更年期には効果があると言われています。

 

【枝豆】

疲労回復を助けるビタミンB1がふくまれています。

大豆と比べるとローカロリーです。

 

【パセリ】

ビタミンがとても豊富で、胃腸を整えます。

また、パセリに含まれるピネンやアピオールという葉緑素には、口臭を抑える働きがあります。

 

【紫玉ねぎ】

玉ねぎの血液サラサラ効果とともに、紫色からもわかるようにポリフェノールも豊富で、抗酸化に優れている野菜。カラダの若さを保つのに役立ちます。

 

おすすめポイント

大豆と枝豆の代わりに、ミックスビーンズを使ってもまた食感が変わっておいしいです。

粒マスタードが味のポイントです。

玉ねぎとキュウリを大きめに切ると、食べごたえのある感じになります。その時は味がしみ込むのに時間がかかるので、1晩くらい置いた方がいいかもですね。

CoCoRo

同じカテゴリーの記事

PageTop