1. TOP
  2. 読みもの
  3. ぷりぷりジューシー よだれ鶏

recipeレシピ

ぷりぷりジューシー よだれ鶏

よだれ鶏

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「美肌ケア」です。
調理時間の目安:15分

材料/2人分

鶏もも肉1枚
日本酒、水各50cc
▼タレ
・醤油、酢、鶏の蒸し汁、すりごま各大さじ1
・ラー油、胡麻油、砂糖各小さじ1
・にんにく、生姜、ネギお好みで少々
・ピーナツ・クルミなどのナッツ類少々
※タレは、ポン酢・にんにく・生姜・ラー油・胡麻油・すりごまを入れるだけでもOKです。
※ナッツ類は、おつまみなどの残りがあればでOKです。

作りかた

  1. 鶏肉に厚みのあるところがあったら包丁を斜めに入れて開き、厚さを均等にする。皮目を上にして日本酒、水をいれて蓋をし、中火にかける。沸騰したら弱火10分で酒蒸しにする。
  2. 鶏肉に火が通ったら、あら熱がとれるまでフライパンでそのまま冷ます(予熱で中までちゃんと火が通ります)。冷ましてる間にタレを作る。すりごま、醤油、酢、鶏の蒸し汁(各大さじ1)、砂糖、ラー油、胡麻油(各小さじ1)、にんにく、生姜を入れてまぜる。
  3. 2センチ幅にカットして皿に盛る。タレとネギをかけてできあがり。あればナッツを刻んで散らす。お好みできゅうりやトマトを添えてください。

ポイント

フライパンで酒蒸しすることで、しっとりジューシーに仕上がります。

宮成先生のお料理コラム

夏とお肌のおはなし

さっぱりした麺類が増えやすい夏は、糖質に偏ってタンパク質が不足しがちです。
また、喉を潤すためにビールなどでアルコールを摂り過ぎると、「むくんでるけど脱水状態」という体に負担のかかる状態になります。そのツケは盆を過ぎ秋口の季節の変わり目に、肌荒れとなって現れます。

ただでさえ強い日差しとクーラーの乾燥で外からのダメージを受けやすい夏こそ、食べるケアをしていきましょう。

よだれ鶏は残ったらタレごと保存容器に入れて冷やして食べても美味しく、冷麺やそうめんのトッピングにも使えます。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

▼宮成なみ先生のブログ
https://note.com/miyanarinami

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00