1. TOP
  2. 読みもの
  3. 魚の王様さばは「ひらめき」や「冴え」に|青魚の香り南蛮

recipeレシピ

魚の王様さばは「ひらめき」や「冴え」に|青魚の香り南蛮

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

さば1/2尾
塩・こしょう各少々
小麦粉・揚げ油各適量
白ねぎ・セロリ各1/2本
人参1/3本
グリーンアスパラ1束
赤唐辛子1本
【A】
2/3カップ
1/3カップ
サラダ油大さじ2
薄口しょう油大さじ1
小さじ1
こしょう少々

作りかた

  1. さばは3cm程度に切って、軽く塩・こしょうをして片栗粉をまぶし、中温の揚げ油でカラッと揚げる。
  2. 【A】を合せ、南蛮酢を作り、揚げたてのさばを漬け込む。
  3. 香り野菜の白ねぎ、セロリ、人参、アスパラはそれぞれ4cmのせん切りにする。
  4. さっと茹でたアスパラと、種を除いて輪切りにした赤唐辛子と③の野菜を、②にさっと漬け込む。
  5. 魚と野菜に味がなじんだら、器に盛って完成♪

今回使った主な食材

さば

「魚の王様」とよばれるほど栄養価が高く、記憶力の低下を抑えたり、コレステロールや中性脂肪を低下させる働きを持つ栄養素が豊富に含まれています。

アスパラ

栄養が豊富に含まれ、美容に大変効果のある野菜です。免疫力をアップして、ガンや生活習慣病を予防する効能も。
新陳代謝を活発にし、疲労回復などの効能があります。

にんじん

活性酸素の働きを抑制する作用があります。
また風邪を予防してくれたり、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎます。

からだを養うレシピ

なんとなくからだの衰えを感じることはありませんか?ひらめきが悪かったり、いまいち冴えなかったり。
今回はそんな「うっかり」した感じをしゃっきっとさせてくれるお魚料理『青魚の香り南蛮』 です。

「ひらめき」や「冴え」をサポートしてくれるのが青魚。
青魚に含まれるDHA,EPAは、からだの中では作り出せない成分なので、しっかり摂りましょうね。日々の食事に摂りいれることで「うっかり」の防止になりますよ。

香り野菜の代表格、セロリもたっぷり入っていて香りも楽しい一品です。
セロリはからだの代謝をよくするカロチンと、ストレスに対する抵抗力をつけるビタミンCを含んでいて、胃を健康に保ったり、血圧降下・鎮静などの作用があります。あの独特の香りは、食欲増進、精神安定、頭痛にならないなどの効果があるといわれていますよ。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにはしょうが紅茶がぴったり♪
しょうがは体を温め、血液の流れを良くし、利尿作用をもたらします。
紅茶のカフェイン成分も利尿作用があり、摂りすぎた水分を排出し、むくみを防止してくれますよ♪

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00