1. TOP
  2. 読みもの
  3. イソフラボンたっぷり豆乳シチュー

recipeレシピ

イソフラボンたっぷり豆乳シチュー

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

鶏がらスープのもと小さじ2
3カップ
鶏肉300g(1枚)
生姜1片
蒸し大豆1/2カップ
生椎茸4枚
にんじん100g
たまねぎ1個
じゃがいも2個
ブロッコリー100g
豆腐1/2丁
濃い豆乳2カップ
白ワイン大さじ2
白味噌30g
少々

作りかた

  1. 分量の水に鶏がらスープの素を入れスープを作り、一口大の鶏肉と、玉ねぎを加えて、中火にかける。
  2. 沸騰したらアクを除き、コトコトと10分煮込む。
  3. じゃがいも、にんじんは一口大に切る。ブロッコリーも食べやすく切っておく。野菜は順次加える。
  4. 野菜が柔らかくなったら、豆乳を最後に加える。
  5. 豆腐の角切りと調味料を加え溶き入れる。 沸騰させすぎないようにして仕上げる。
    好みの薬味を添えていただく。

今回使った主な食材

大豆

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンは、症状が軽い方はこれで改善できるといわれるくらい更年期には効果があるといわれています。

更年期に嬉しいレシピ

今回のレシピは豆腐と豆乳と白味噌という大豆満載の一品ですよ。 小麦粉も牛乳も使わない、とてもやさしいお味のシチューです。
時間もかからず、あっという間にメインディッシュの完成です。野菜をたっぷり食べて、温まってくださいね。

レシピに合うドリンク

今回のレシピには豆乳の抹茶オレがぴったり♪
大豆イソフラボン豊富な豆乳に、抹茶をいれてみませんか。 抹茶は血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、抗酸化作用、老化抑制作用など女性が気になる症状を抑えてくれます。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00