1. TOP
  2. 読みもの
  3. 目をいたわる!|オニオンのブルーベリー煮味

目をいたわる!|オニオンのブルーベリー煮味

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

ブルーベリー1カップ
新玉ねぎ2個
ニンニク1かけ
オリーブ油大さじ3
ローリエ1枚
バルサミコ酢大さじ3
ハーブ適宜
ガーリックトーストお好みの量

作りかた

  1. 新玉ねぎは皮を除き、櫛形に切ってほぐしておく。
  2. ブルーベリーはさっと洗っておく。
  3. 鍋にオリーブ油とニンニクのみじん切りを加えて香りよく炒め、そこにたまねぎを加える。
    しんなりする程度に炒めたら、ローリエとブルーベリーを加え、軽く炒める。
  4. バルサミコ酢を加え、ふたをして煮込む。塩、胡椒で味をととのえる。
  5. ガーリックトーストに添えていただく。

今回使った主な食材

ブルーベリー

ブルーベリーの果皮に含まれるアントシアン系色素は、目にいいことで注目されています。
また、ビタミンCと鉄分も含まれており、鉄分の吸収効率の良さでも知られています。

からだを養うレシピ

ブルーベリーと新玉ねぎの組み合わせ、意外でしょう?これが、美味しいんです!ガーリックトーストにぴったり。

ブルーベリーは目の健康維持に役立つ成分のほかにも、ビタミンCが豊富ですので、体の健康維持や美を維持することにもとってもいいんですよ。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにはベルガモットティーがぴったり♪
柑橘のすっきりとした香りは、気分を落ち着かせる効果があります。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00