1. TOP
  2. 読みもの
  3. 殻も一緒に食べるとより紫外線予防|サーモンと海老のハーブ焼き

殻も一緒に食べるとより紫外線予防|サーモンと海老のハーブ焼き

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。
料理研究家の徳永睦子先生考案の、女性にうれしいメニューです。

材料(4人分)

甘塩サーモン切り身4枚
殻付き海老(大)8尾
ハーブ(ローズマリー、タイム、オレガノ等)各適量
コンソメスープ1/2カップ
トマト中4個
レモン1個
オリーブ油適宜
少々
こしょう少々

作りかた

  1. 海老は殻付きのまま、足だけを切り落とし、背中に切り目を入れて、背わたを取る。流水で洗い、水気を切っておく。
  2. サーモンの切り身と海老をバット入れ、塩、こしょうをする。そこにハーブをまぶすように加え、しばらくなじませる。
  3. 鉄板に②を並べる。トマトは切らずに、丸ごと乗せる。全体にオリーブ油をかけて200度のオーブンで海老が赤くなるまで10~15分程度焼く。
  4. 海老が赤くなってきたら、オーブンから取り出し、コンソメスープをかけてから、5分程度蒸し焼きにする。
  5. サーモンと海老、ハーブを皿に盛る。焼いたトマトとレモンを添え、焼き汁をソースとしてかける。

今回使った主な食材

サーモン

サーモンのピンク色の正体は、アスタキサンチンという色素物質です。このアスタキサンチンには、抗酸化成分が豊富に含まれており、紫外線を予防する作用があると言われています。

海老

海老を調理すると、鮮やかな赤になりますよね。この赤い色素が、抗酸化作用のあるアスタキサンチンです。実は海老の場合、アスタキサンチンは「身」よりも「殻」に、豊富に含まれているんです。食べるときは、殻も一緒に食べましょう!

トマト

トマトに含まれるリコピンには、紫外線を予防する抗酸化作用があります。また、お肌の皮膚や粘膜を強くしてくれるビタミンAが豊富に含まれています。

美肌を養うレシピ

抗酸化作用のあるアスタキサンチンをキチンと摂取するなら、海老は殻付きにしましょう。海老の場合、アスタキサンチンは殻に豊富に含まれているからです。 

下ごしらえをしたら、材料を鉄板に並べてオーブンで焼くだけ。とっても簡単なのに、お皿に盛るだけで、見た目も華やかなメインディッシュの出来上がり。 
急なおもてなしにもぴったりです。

レシピに合うドリンク

今回のレシピにはアセロラジュースがぴったり♪
その酸味が特徴的なアセロラ。アセロラは「ビタミンCの女王」と言われるほど、お肌に嬉しいビタミンCがたっぷり! ビタミンCは、活性酸素からお肌の老化を守ってくれますから、紫外線が気になる季節には、積極的に摂りたいですね。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 徳永睦子先生

徳永先生は、『食育』をテーマに40年。九州を拠点に活躍されている福岡在住の料理研究家です。家庭料理の味の伝承、食育の観点から地産地消、地域特産品の普及にも力を注がれています。

鹿児島MBC放送で専属料理講師を務めた後、九州生協食品カタログの料理制作、監修をはじめ、KBC九州朝日放送の料理番組を担当。世界緑茶協会顧問。

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00