1. TOP
  2. 読みもの
  3. 高タンパク質・低脂質で腸活!しっとりなめらかおからサラダ

recipeレシピ

高タンパク質・低脂質で腸活!しっとりなめらかおからサラダ

腸活のためのしっとりなめらかおからサラダ

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「デトックス」です。
調理時間の目安:10分

材料/4~5人分

生おから150g
サバ水煮缶1缶
胡瓜1本
玉ねぎ小1個
ゆで卵2個
めんつゆ小さじ2
すし酢大さじ2
マヨネーズ大さじ4
小さじ1/4
あれば カニカマ2本、かいわれ大根、レタスなど

作りかた

  1. 胡瓜、玉ねぎはスライサーで薄切りにする。塩を振り全体にまぶし、しんなりするまで(5分程度)置く。
  2. 胡瓜と玉ねぎがしんなりしたら、生おから、サバ水煮缶、潰したゆで卵1個分、めんつゆ、すし酢、マヨネーズを入れて、サバの水煮が潰れすぎないようにさっくり混ぜ合わせる。(カニカマがあるときは4等分に切り、割いて入れる)
  3. 皿に盛り、飾り用のゆで卵を添え、お好みで黒胡椒を振ってできあがり。冷蔵庫で半日くらい置いたほうが味が馴染んで美味しいです。

ポイント

残った生おから冷凍すれば、レンジで加熱して使えます。

宮成先生のお料理コラム

腸活に嬉しい簡単サラダです

食べた翌朝にびっくりするぐらいモリモリ快調になっちゃう、ポテトサラダ風のおからサラダです。おから、サバ缶、ゆで卵といった良質なタンパク質が手軽に摂れて、じゃが芋を剥いたり、茹でたり、潰したりの手間がいらず、ほぼ冷蔵庫にあるストックで作れます。
おからが野菜の水気を吸うので、胡瓜と玉ねぎは絞ったりせずにそのまま生おからを入れてOKです。すし酢を入れることでマヨネーズの量を減らすことができますが、家にすし酢がない場合はマヨネーズの量で調整してください。おからは水を吸って膨らむので、このサラダを食べたときはしっかり水分摂ってください。
腸の中をごっそりきれいにしてしまいましょう。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

・宮成なみ先生のブログ>>

・宮成なみ先生のインスタグラム>>

・宮成なみ先生のWikipedia>>

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00