1. TOP
  2. 読みもの
  3. 生理前を健やかに。大根とカボスのかしわ汁

recipeレシピ

生理前を健やかに。大根とカボスのかしわ汁

生理前を健やかに。大根とカボスのかしわ汁

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「PMSの美肌ケア」です。
調理時間の目安:18分

材料/2~3人分

だしパック1袋
600㏄
味噌大さじ1(種類によって塩分が違うので量は調整しください)
鶏もも肉1/2枚
薄揚げ2枚
かぼす(柚子でも可)1個
長ネギ1/2本
大根輪切り4㎝
お好みで唐辛子
※大根の代わりに、かぶ・レンコン・ごぼうなどもおすすめです。

作りかた

  1. 大根は皮を剥いていちょう切りにする。油揚げは縦半分にし、細切りにする。長ネギは斜め薄切りにする。鶏もも肉は2㎝角に細切れにする。カボスはできるだけ薄い輪切りにする。
  2. 鍋に水、だしパック、大根、油揚げ、長ネギの白い部分、鶏もも肉を入れ、中火にかける。ふつふつと沸騰してきたら弱火にして10分煮る。
  3. 大根が煮えたらだしパックをとりだし、味噌を溶く。器に盛り、カボスの端っこをキュッと絞って果汁を入れる。カボスを浮かべてネギを添えてできあがり。

ポイント

だしパック、鶏肉、油揚げの3つの旨味を重ねることで、旨味の深いおつゆになり、最後に絞ったカボスでさっぱり・スッキリした味わいに。
鶏肉を水から煮ることで、つゆに良い出汁が出ます。

宮成先生のお料理コラム

PMSに最適なレシピ

生理前の便秘がちな肌荒れ時期にお勧めのレシピです。
たっぷりの根菜と鶏肉、発酵食品の味噌、そしてビタミンC補給のカボス。濃厚に出汁を効かせることで少ない味噌でも美味しく仕上がることから、塩分控えめになるので、生理前のむくみやすい時期でも安心していただくことができます。
芯から体も温まって満腹感と満足感もあることから、生理前の食欲が暴走しがちなときにぴったり。生理前から終わるころまでよく作る宮成家の定番スープです。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

▼宮成なみ先生のブログ
https://note.com/miyanarinami

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00