1. TOP
  2. 読みもの
  3. ポリフェノールたっぷり 新ごぼうと甘鯛つみれのスープ

recipeレシピ

ポリフェノールたっぷり 新ごぼうと甘鯛つみれのスープ

健康的で清く正しいカラダとココロには、正しい食生活が大切。「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「美肌」です。
調理時間の目安:15分

材料/2人分

春ごぼう1本
甘鯛のすり身(好きなすり身で可)1袋(100g)
1個
青のり小さじ1
小さじ1/4(ひとつまみ)
600cc
だしパック1袋
薄口醤油(白だしでも可)大さじ1
ねぎ、柚子(あれば)お好みで

作りかた

  1. ボウルにすり身、卵、だんご粉、塩、青のりを入れてゴムベラでよく練り全体をまんべんなく混ぜる。
  2. 鍋に水とだしパックを入れる。春ごぼうを洗い、斜め薄切りにする。切ったら鍋に入れていき、中火にかけて沸騰後弱火にして5分煮る。
  3. ごぼうが煮えたら、だしパックを取り出し、スプーンを水で濡らしてすり身をすくい、鍋に入れていく。つみれが浮いたら薄口醤油をいれて火を止める。椀に盛りネギとゆずをちらしてできあがり。

ポイント

米粉で、もっちりふわっと食感に

宮成先生のお料理コラム

新ごぼうのおはなし

ごぼう

つみれは米粉を入れることでもっちりふわっとした食感になります。つみれの生地が柔らかすぎるかな?と心配になるかもしれませんが、生地がゆるいほうができあがりの食感が柔らかくなります。
買ってきたばかり新ごぼうはアクがほとんどなく、浸した水が茶色くなるのはポリフェノールの色なので水にさらすそのまま煮てください。ごぼうの旨味と香りが楽しめます。
新ごぼうも、買ってきて放置して時間が立つとしなびてアクが出てしまうので、買ってきた日が1番美味しく食べられます。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

▼宮成なみ先生のブログ
https://note.com/miyanarinami

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00