1. TOP
  2. よみもの
  3. コラム
  4. フラーレン
  5. フラーレンの抗酸化力

フラーレンの抗酸化力

お肌の大敵「活性酸素」ってなに?

肌、臓器や血管などの老化にも大きくかかわっている物質「活性酸素」という言葉をご存知でしょうか。

生命活動を営む上で必須な「酸素」。呼吸によって酸素は体内に取り込まれます。
この酸素の一部は、通常の状態よりも活性化された活性酸素になります。
この活性酸素は、歳を重ねるにつれて発生しやすくなります。
そのほかにも紫外線や、ストレス、タバコなど…いわゆる「体に悪いもの」が原因で活性酸素は発生します。

活性酸素は、他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素です。
なんと、呼吸によって体内に取り入れた大量の酸素のうち、約2%が活性酸素になるといわれています。

この活性酸素は、体内の代謝過程において様々な成分と反応します。
過剰になると細胞傷害をもたらし、ひとつの細胞がサビると、その細胞は次々にまわりの細胞を酸化させていきます。
活性酸素により細胞がサビて行くと、内臓や皮膚、骨などのあらゆる組織にダメージを与えてしまいます。

 

肌トラブルの原因は「活性酸素」

では、この活性酸素はどんなメカニズムで肌にトラブルをもたらすのでしょうか。

お肌に紫外線が当たると、強烈な活性酸素が発生します。
活性酸素が発生したお肌はとてもサビやすく、シミの原因となります。
シミだけではなく、シワ、毛穴、ニキビ、肌荒れ…などすべての肌トラブルの原因は元凶は活性酸素と言われています。

つまり活性酸素は、シワやシミなどお肌の老化を加速させるものなのです。

 

フラーレンの強力な抗酸化力

このトラブルのもと「活性酸素」をやっつけてくれるのが「抗酸化物質」です。
抗酸化物質は、活性酸素などによって私たちの体が酸化されるよりも優先的に酸化してくれます。

なかでも、フラーレンはビタミンCの172倍の抗酸化力を持っています。

この強力な抗酸化力がフラーレンの最大の魅力と言われています。
抗酸化力によるお肌のへの効果は、美白、シワ改善、バリア機能改善、毛穴改善など。
年齢とともに気になってくる肌の悩みに効果を発揮します。

フラーレンの抗酸化力は持続性がある

もう一つの魅力は長時間持続する抗酸化力を持つこと。

一般的な抗酸化成分は、抗酸化成分自身が活性酸素によって酸化されてくれる、
つまり自分が身代わりとなり肌の組織を守ります。
そのため酸化されてしまった抗酸化成分は効き目がなくなってしまいます。

しかしフラーレンは、活性酸素を吸着して無害化、
つまり掃除機のような働き方をしてくれるため、自分自身が酸化されず効力は長持ちします。

そのため、フラーレンは長時間抗酸化力を発揮することが可能なのです。

 

下記の写真は植物に「フラーレン入りのお水」と「ただのお水」を与えて
11日間放置したフラーレンの抗酸化持続力を証明する実験結果です。

フラーレン入りの葉っぱは11日経過しても瑞々しさとハリがありますね。

 

▼スマートフォンでご覧の場合はこちらからどうぞ

▼パソコンでご覧の場合はこちらからどうぞ

 

 

 

スタッフ 工藤

同じカテゴリーの記事

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00

お問合せフォーム