1. TOP
  2. 読みもの
  3. ピーマンたっぷり!上海焼きそば

recipeレシピ

ピーマンたっぷり!上海焼きそば

ピーマンたっぷり上海焼きそば

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「美肌ケア」です。
調理時間の目安:10分

材料/1人分

ピーマン3個
豚肩ロース肉1枚
中華麺1/2玉
※豚肩ロース肉は、豚薄切り肉150gでもOKです。
小麦粉大さじ
オイスターソース・醤油各小さじ1
本みりん・ごま油小さじ2
黒胡椒少々
唐辛子お好みで

作りかた

  1. オイスターソース、醤油、本みりんを合わせてタレを作る。ピーマンは縦に5mm幅の細切りにする。豚肩ロース肉も5mm幅の細切りにする。豚肉と小麦粉をビニール袋に入れてよく振り、まんべんなく小麦粉をまぶす
  2. フライパンにごま油小さじ1をひいて豚肉を焼く。豚肉に焼き目が付いたらざっと炒め端に寄せる。フライパンの空いたところにごま油小さじ1をいれ、中華麺を焼く。中華麺に焼き目がついたらほぐしてピーマンを入れ、炒めて全体をまぜる。
  3. 全体が混ざったらタレを回しかけ、黒胡椒をふる。皿に盛り、お好みで唐辛子を散らしてできあがり。

ポイント

豚肉に小麦粉を振るとこでタレの絡みが良くなり、お肉が柔らかく仕上がります。
ビニール袋を使えば後片付けも楽。

宮成先生のお料理コラム

夏の疲れたお肌にビタミンC

お盆を過ぎた頃から9月の残暑まで、梅雨の湿気と夏の日差しにさらされたお肌に疲れが出てくる頃です。こんなときに摂りたいのがビタミンC。赤・黄・青の3種のピーマンは、いずれも「ビタミンCが多い野菜」のベスト5に入ります。ピーマンはビタミンCの王者なのです。しかもピーマンのビタミンCは炒めても壊れにくいと言われています。
そこでオススメしたいのが、お肉とピーマンたっぷりの上海焼きそばです。焼きそば麺は1人分で1/2玉しか使いませんが、意外と麺は量が少なくても存在感があります。麺類って「炭水化物どーん!!」になりやすいですが、具材にタンパク質や野菜を増やすことで一皿でもバランス良く食べられます。ぜひ作ってみてください。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

・宮成なみ先生のブログ>>

・宮成なみ先生のインスタグラム>>

・宮成なみ先生のWikipedia>>

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00