1. TOP
  2. 読みもの
  3. ビタミン補給に。サツマイモ大好き女子のための蜜芋

recipeレシピ

ビタミン補給に。サツマイモ大好き女子のための蜜芋

蜜芋クリーム

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「美肌ケア」です。
調理時間の目安:10分

材料

◎蜜芋
サツマイモ1袋(350~400g程度のもの)
150cc
◎蜜芋クリーム
蜜芋1本(約100g)
バター2かけ
牛乳大さじ2
お好みで、シナモン、ナッツ、ドライフルーツ、チュだーチーズ、はちみつなど

作りかた

サツマイモを炊飯する
サツマイモを炊飯する
  1. 蜜芋を作る。洗ったサツマイモ1袋と水150ccを入れて炊飯する。炊きあがったらできあがり。(できたて熱々の蜜芋の皮を剥いて、ぜひそのまま召し上がってみてください!)
  2. 熱々の状態で、蜜芋1本をキッチンペーパーに包んで皮を剥く。ビニール袋に蜜芋、バター、牛乳を入れて揉む。まざったらできあがり。

※サツマイモ1袋は、まとめて炊飯器で調理して、熱々のうちにラップに包めば冷凍保存可能です。

おすすめの食べ方

  • トーストしたバケットに蜜芋クリームを塗ってシナモンをかけ、お好みでナッツやドライフルーツをトッピングする。
  • バケットに蜜芋クリームを塗り、チュダーチーズを載せてトーストする。チーズがとろけて焼き目がついたら黒胡椒と蜂蜜をかける。
  • バニラアイスに蜜芋クリームを添えてシナモンをかける。

宮成先生のお料理コラム

サツマイモのおはなし

サツマイモは、芋類のなかでもビタミンCがトップクラスに多い美容食材です。その量はりんごの10倍!しかも熱に弱いビタミンCをサツマイモのでんぷんが守るので加熱しても壊れにくいという特徴を持っています。
ストレスで自律神経が乱れがちな季節の変わり目。イライラするほどに失われがちなビタミンCを美味しく補給しましょう。
炊飯器を使って、じっくりゆっくり加熱することでサツマイモはとろけるような黄金色になり蜜が溢れます。ねっとりしっとりなめらかで、何も加えてないのにこの甘さ。
ぜひ炊飯したての蜜芋を、まずはそのままで召し上がってみてください。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

・宮成なみ先生のブログ>>

・宮成なみ先生のインスタグラム>>

・宮成なみ先生のWikipedia>>

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00