1. TOP
  2. 読みもの
  3. 冷え性撃退!豚肉と春菊の生姜にゅうめん

recipeレシピ

冷え性撃退!豚肉と春菊の生姜にゅうめん

冷え性撃退!豚肉と春菊の生姜にゅうめん

ココロとカラダに、笑顔をプラス。

料理研究家 宮成なみ先生が綴る“かんたん”料理帖 「あしたのレシピ」。
「誰でも、いつでも、簡単に。」をコンセプトに、旬の食材や季節ごとのメンテナンスに嬉しいレシピをご紹介します。

今月のレシピテーマは「冷えケア」です。
調理時間の目安:8分

材料/1人分

豚バラ肉(豚肉ひき肉、鶏ひき肉、冷凍牡蠣などでも可)100g
素麺1束
生姜1かけ
400cc
白だし小さじ1
春菊※、すりごま、塩胡椒少々
オリーブオイル大さじ2
レモン(あれば)3切れ
※春菊の他にもレタスや水菜、ニラ、ネギなど火の通りやすい野菜なら何でもOKです。

作りかた

  1. 鍋に水を入れて中火にかける。沸騰するのを待つ間、春菊、豚バラ肉を一口大に切る。生姜はすりおろす。レモンがあれば輪切りにする。
  2. 鍋の湯が沸騰したら豚バラ肉を入れてアクを取る。アクを取ったら生姜、素麺を入れて1分煮る。
  3. 1分経ったら白だし、春菊を入れて火を止め、ひと混ぜしてから丼に移す。レモンをのせ、すりごまと塩胡椒をぱらりと振ってできあがり。

ポイント

素麺に塩気があるので白だしは少なめです。塩系の味にレモンを入れるとさっぱり食べやすくなります。レモンがない場合はレモン果汁小さじ1/2でも可。

宮成先生のお料理コラム

食べれば体が芯からポカポカ

今回紹介するのは、お湯さえ沸けば3分ほどで作れる、インスタントラーメン並に簡単で美味しいにゅうめんです。食べれば体が芯から温まり、飲み会続きの二日酔いの時や、風邪ぎみで食欲がない時でもサラッと食べられます。
もっと簡単に作るなら、豚バラ肉を冷凍牡蠣や冷凍あさりに変えると、生物を切る手間もいりません。
にゅうめんを美味しく作るコツは頂き物のちょっと良い素麺を使うことです。夏の頂き物の素麺が残ってたら是非作ってみてください。

料理研究家 徳永睦子先生

この記事を書いた人

料理研究家 宮成なみ 先生

楽しい食卓株式会社 代表
16歳で現代の医学で治すことのできない難病を発症し、社会復帰断念を宣告される。
唯一、進行を遅らせる方法が『食餌療法』だという医師の言葉に食の可能性にかけ、7年半の闘病生活の末、見事社会復帰を果たす。
金なし、コネなし、資格なしの中、「食べものは明日の未来を創るもの。すべてはおいしいの笑顔のために」をモットーに27歳で料理研究家となる。
現在は、食品開発アドバイザーや、食育講演会、メディア出演など行っている。

・宮成なみ先生のブログ>>

・宮成なみ先生のインスタグラム>>

・宮成なみ先生のWikipedia>>

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00