1. TOP
  2. よみもの
  3. コラム
  4. 女性ホルモン
  5. 女性ホルモンとは?ちゃんと知っておきたい女性ホルモンの働き

女性ホルモンとは?ちゃんと知っておきたい女性ホルモンの働き

知っているようで知らない、女性ホルモンのこと

こんにちは。
CoCoRo 代表の石井亜矢子です。
このたび、「女性ホルモンバランスプランナー®」という資格を取得しました。

女性ホルモンの乱れからくる様々な女性の心身の不調に対して、女性ホルモンが整い、活性化するための生活習慣やセルフケア方法をお伝えし、日常をより快適に過ごすためのコツをお伝えしていきます。

女性ならなんとなく知っているようで、実はあまり詳しく学ぶ機会のない女性ホルモンの働き。
生理前のPMSや更年期などで、ふだん感じている不調の原因は女性ホルモンの乱れからくるものがほとんど。
女性ホルモンのことをきちんと知って、キレイと元気の毎日のために、一緒に学んでいきましょう。

まずは、女性ホルモンの基礎知識を深めましょう。

女性ホルモンってなに?

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
女性ホルモン

エストロゲンは、女性らしさをつくるホルモンです。
乳房が大きくなったり、丸みを帯びた女性らしい体つきになったり、肌が潤ったりするのは、このホルモンのおかげ。
月経を起こし、妊娠・出産を成立させます。肌や髪をきれいにする、骨や血管を守る、自律神経を安定させる働きもあります。

プロゲステロンは、お母さんになるためのホルモンです。
排卵前までのピークになり、受精卵の着床しやすようにエストロゲンで厚くなった子宮内膜を維持して、妊娠を助けます。体温を上昇させる、水分をため込む、皮脂分泌が活発になるなどの効果があります。
プロゲステロンはエストロゲンの過剰を抑え、子宮がんや乳がんのリスクを軽減してくれる働きもあります。
妊娠のためには大切なホルモンですが、その一方でむくみや便秘、肌荒れなどの不快な症状を引き起こすこともあります。

私たちの体のなかで、この2つの女性ホルモンがともに働いて、月経や妊娠・出産が成立します。

月のリズムのバランスをとってくれているのですね。
なんだか愛しくも思えてきます。

 

エストロゲンは健康とキレイの守護神

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、女性に多くの恵みをもたらしてくれるのは、エストロゲン。
その働きは月経や妊娠・出産にとどまらず多岐にわたります。

●髪をつやつやに
●物忘れを予防
●肌を潤す
●太りにくくする
●コレステロールのバランス調整
●血管を強くする
●骨を強くする

性成熟期の女性がキレイで若々しくいられるのも、高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかりにくいのも、このエストロゲンのおかげといっても過言ではないのです。

 

女性ホルモンはバランスが大事

2つの女性ホルモンの役割を知るとやはり女性らしさをつくる「エストロゲンがたくさんあるといいな!」と思ってしまいますよね。
でも、プロゲステロンにはエストロゲンのマイナス作用を打ち消してくれる働きがあり、エストロゲンが過剰になりすぎることによる子宮がんや乳がんのリスクを軽減してくれています。
プロゲステロンは妊娠をしていなくても大切な役割があり、なくてはならない存在なのです。

最近では、エストロゲンを補充することで女性ホルモンは整えられると思い、豆乳や大豆をたくさん摂ろうとする人も多いのですが、エストロゲンが多すぎると子宮がんや乳がん、子宮内膜症などのリスクが高まります。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのバランスがとても大切なのです。

 

CoCoRo株式会社 代表取締役 石井亜矢子
女性ホルモンバランスプランナー®
サプリメントアドバイザー

 

▼女性の美容と健康をサポート
COCOROプラセンタ

▼穏やかなわたしに
めぐルナ

▼ハリ・ツヤ・潤い、新発想のオールイワン
COCORO化粧美容乳液

 

 

 

CoCoRo代表 石井

同じカテゴリーの記事

PageTop