1. TOP
  2. 読みもの
  3. プレ更年期・更年期の白髪・抜け毛の原因はなんですか?

labo女性ホルモンラボ

プレ更年期・更年期の白髪・抜け毛の原因はなんですか?

一生を通して、ホルモンに左右される女性のココロとカラダ。すこしでも楽に、あなたらしく過ごせるように、女性ホルモンバランスプランナー®の石井理夏(いしいあやか)が女性の視点でお話しします。

30代後半なんですが、最近、白髪がポツポツでてきて抜け毛も増え、このまま老化が進むのかと不安で、友人にそんな話をしたら、お互いプレ更年期世代だからねーと言われ、プレ更年期・更年期という言葉が気になって。

見た目の若さは、「艶のある髪」といわれるように、髪は自分でも他人の目からも年齢を感じやすい場所です。

・髪にこしやハリがなくなってきた
・パサつきが気になる
・シャンプーのたびに抜け毛が気になる
・白髪がでてきた

など、髪質の変化を感じはじめる方が多いようです。これらは加齢によって起こる老化現象のひとつですが、気になり始めるのが35歳前後、プレ更年期のころからです。

そうなんです。白髪や抜け毛だけでなく髪がパサパサしてくたびれた感じがして、それだけで老けた印象がして悲しいです。そもそも髪質の老化、プレ更年期・更年期の白髪・抜け毛の原因はなんですか?

髪の老化の主な原因は、女性ホルモンと成長ホルモンの分泌量が、30代後半に差し掛かる頃から減少すると言われています。

髪も皮膚と同じ、コラーゲンなどのたんぱく質からできています。女性ホルモンのエストロゲンが低下してコラーゲンが不足すると、お肌だけでなく髪の毛の状態にも影響します。
また、成長ホルモンはヒトの成長を促すホルモンで、身長を伸ばしたり代謝高める働きをしますが、成長ホルモンが減ると髪にまわる分がなくなり白髪が増えると言われています。

それと、ストレスも原因の一つでしょうか。

なるほど、女性ホルモンと成長ホルモンの減少ですか。髪の老化を少しでも遅らせるにはどんなことに気をつければいいでしょうか。

女性ホルモンの分泌を増やすことはできませんが対策はできます。
バランスの良い食事、質の高い睡眠、体を動かして血行や代謝を良くすることを心がけてください。

髪の毛の成分であるたんぱく質を摂ることも大事です。良質なたんぱく質やコラーゲンを摂るように心がけましょう。食品では、ミネラルを多く含む海藻類、パセリなどを食べるのもいいですよ。

女性ホルモンを整える方法は、こちらで詳しく説明しております。
https://www.cocoro-happy.co.jp/letters/labo/female-hormone

特にストレスは血管を収縮させ血流を悪くしますので、頭皮や髪に栄養が行き渡らなくなります。頭皮マッサージなども効果的ですが、まずはストレスを溜めないことが一番です。

食事、睡眠、体を動かすことは意識すればできそうですが、ストレス対策が一番難しそうです。成長ホルモンが少しでも多く分泌されるようにするには、どうしたらいいですか?

Aさま、睡眠はしっかり取れていますか?
成長ホルモンは睡眠中に分泌され、身長を伸ばしたり筋肉を増やしたり、身体や脳の疲労を回復してくれます。そして肌などにハリと潤いを与えるとも言われています。

ただし、睡眠の質が悪い場合や睡眠時間が極端に短い場合は、十分な成長ホルモンが分泌されません。先ほどもお伝えしたように30歳前後から成長ホルモンの分泌が減少しますので、なおさら気をつけたいですね。

ありがとうございます。プレ更年期からの睡眠の質は今後の人生に大きな影響がありそうなので、しっかり寝る!をやってみます。

頭皮や髪のお手入れもぜひ取り入れてみてください。

頭皮マッサージ

頭部のマッサージも血行促進と頭皮の健康には効果的です。
頭皮がぬれた状態でマッサージをおこなうと、ダメージをあたえる場合がありますので、マッサージはシャンプーをしながらではなく、シャンプー前に行うのがよいそうです。

シャンプー前に3分間、頭皮を指の腹で指圧してみてください。
ホホバオイルは髪にいいので、ローズマリーのアロマオイルとブレンドして使うと、抜け毛防止のマッサージオイルになります。

ホホバオイル5mlにローズマリーのアロマオイル1滴の割合で、もむ、押す、たたくなど、血行をよくするマッサージをしましょう。
気持ちよくてストレス解消にもなりますよ。

ブラッシング方法にも気をつけましょう

正しいブラッシングブラッシングは頭皮に適度な刺激を与えますが、過剰にやってしまうとキューティクルを傷めてしまいます。毛先の方からやさしくときほぐして、少しずつ無理なくかけていきましょう。

こんなブラッシングはNG!

①髪の毛が濡れている時→しっかり乾かしてから。
②髪の毛が乾燥しているとき→オイルなどで保護したあとに。

髪の質によってブラシを使いわけましょう!

髪の毛の多い人は目の粗いブラシを。
髪の毛の少ない人は目の細かいブラシを。
髪の毛の細い人や縮れている人は粗めの櫛を。

ドライヤーを上手に使いましょう

ドライヤーの温風は長時間かけたり、熱し過ぎると地肌や髪の乾燥の原因に。
とはいえ半乾きでは頭皮が雑菌の温床になってしまいます。

ドライヤーはこうやって使いましょう!

①髪から10cm以上離しましょう
②根元をよく乾かしましょう
③一か所を長くかけないようにしましょう
④温風をかけた後は冷風でキューティクルを引き締めましょう

健康管理に気を配り、気持ちを若々しくハツラツとすることで自律神経に影響して身体全体も髪全体も潤いますよ♪

CoCoRo代表石井

この記事を書いた人

CoCoRo代表石井

女性ホルモンバランスプランナー®︎。サプリメントアドバイザー。 私自身の女性特有の悩みから「CoCoRoプラセンタ」を開発。発売から15年、口コミで広げていただき多くの女性に愛飲いただいています。 女性の笑顔が広がれば、しあわせの波動が起こる!日本の女性を元気にしていきたいです。

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00