1. TOP
  2. 読みもの
  3. 生理前の一週間は吐き気があってつらいです。

labo女性ホルモンラボ

生理前の一週間は吐き気があってつらいです。

一生を通して、ホルモンに左右される女性のココロとカラダ。すこしでも楽に、あなたらしく過ごせるように、女性ホルモンバランスプランナー®の石井理夏(いしいあやか)が女性の視点でお話しします。

生理がはじまる前の一週間は毎回吐き気がして、ずっと胃がムカムカします。これは生理と関係あるのでしょうか。

吐き気の症状がでるのはお辛いですね。
生理が始まる3~10日前ごろから体調がいつもと変わってしまう、女性特有の症状をPMS(月経前症候群)といいます。

PMSには様々な症状がありますが、吐き気もそのひとつです。生理前はプロスタグランジンという物質が体内に急増することが、吐き気が生まれる原因であると考えられています。

プロスタグランジンってどんな物質なんですか。

プロスタグランジンには、子宮を収縮させて、経血を排出しやすくする働きがあります。

過剰に分泌されると、本来の目的である子宮以外にも作用してしまい、他の臓器に影響を及ぼします。

筋肉も収縮されるため、胃や腸が締め付けられてしまうことで、気持ち悪くなり吐き気を催すのだといわれています。

吐き気があると、仕事に集中できず日常生活に支障がでます。生理前の吐き気を抑える方法はありますか。

そうですね。吐き気を抑えるには鎮痛剤や、吐き気止めの服用がありますが、お薬に頼りすぎるのはよくないですね。

PMSと上手に付き合っていって、いろいろな症状を改善する中で、吐き気の症状も出にくくなるようにできるといいですね

できるだけお薬は飲みたくないなと思っています。手軽に始められるPMSの改善方法を教えてください。

手軽に始められるといえば、食生活に気を付けることですね。

PMS改善のための食生活

PMSの改善には、炭水化物、マグネシウム、ビタミンE、カルシウムを摂るとよいといわれていますよ。
ほかにも別名、しあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンであるセロトニンを増やす食事を心がけましょう。
お肉や大豆、乳製品などのたんぱく質の多い食品に多く含まれますよ。
偏りすぎずにバランスよく取り入れてくださいね。
糖分やカフェイン、塩分や脂っこいものは控えめに。

もうひとつ大事なのが睡眠です。

PMS改善にはしっかりと睡眠

睡眠不足だと、生理前でなくても頭痛や吐き気が起こることはありませんか。
睡眠不足はセロトニンの低下を招きます。しっかりと休息をとって深い呼吸をしてリラックスすることが大事です。

サプリメントの力を借りるのもありです。

PMS改善のサプリメント

PMSの症状を和らげるために必要な栄養素はサプリメントを上手に利用するものよいでしょう。チェストツリーはホルモンバランスを整えてくれる手助けをしてくれますよ。

ほかにも無理のない範囲で運動したり、お風呂に使って温まることもいいですね。

上記の改善方法は吐き気を抑えるというよりは、PMSを改善することで吐き気も抑えるといった内容ですが、生活習慣を整えることでPMSの症状は和らぐ可能性が大きいので、ぜひ今の生活を見直して、改善できるところから始めてみてくださいね。

CoCoRo代表石井

この記事を書いた人

CoCoRo代表石井

女性ホルモンバランスプランナー®︎。サプリメントアドバイザー。 私自身の女性特有の悩みから「CoCoRoプラセンタ」を開発。発売から15年、口コミで広げていただき多くの女性に愛飲いただいています。 女性の笑顔が広がれば、しあわせの波動が起こる!日本の女性を元気にしていきたいです。

おすすめの記事

おすすめの商品

毎月のツライをご機嫌に!めぐルナ

毎月の女性リズムをサポート「めぐるな」

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00