1. TOP
  2. よみもの
  3. コラム
  4. 女性ホルモン
  5. 女性ホルモンと生理(月経)の仕組み。どうして出血するの?

女性ホルモンと生理(月経)の仕組み。どうして出血するの?

生理(月経)の仕組みを知ると、生理を愛おしく思えるようになる

女性ホルモンバランスプランナー®の石井亜矢子です。
生理前のPMSや生理痛など、毎月の生理のことで悩んでいるあなたにぜひ読んでいただきたいです。

生理(月経)が起こる仕組みってご存知ですか?
「知ってどうなるの?考えたこともなかった。」という方もいるかもしれません。

生理の仕組みを理解すると、PMSや生理痛で悩んでいる方は特に、辛いときに自分のカラダと心の向きあい方が変わってくると思います。

私も20代のころ、生理前のイライラに苦しみ、生理が始まってからは「この痛みどうにかしてほしい…早く終わって。」そんなことばかりを思っていました。

今は、自分のカラダのなかで起こっていることが分かり、生理が来ることをとても愛おしく感じています。それは、年齢を重ねたからこそ、40代になっても妊娠・出産をしていないからこそ、僅かな希望をもって、なおさら愛おしく思えるのです。

もっと早く、自分のカラダに向きあっておけばよかった、若いころからちゃんと知っておけばよかったと、正直、後悔の思いもあります。

だから、一人でも多くの女性に生理の仕組みを知ってもらい、自分のカラダや心のこと、自分の将来のことを大切にしてほしいなと思っています。

月経(生理)の仕組み

女性ホルモンの大事なお仕事、月経。

肌、血管、骨、そして脳や臓器も・・・。女性ホルモン(エストロゲン)は女性の全身を常に守ってくれています。
それは、なぜでしょう。
突き詰めると、答えは一つ。子孫を残すためです。
女性ホルモンの究極のミッションは、妊娠・出産。だから生殖能力がある間は、女性をとことん守り続けてくれます。

月経も女性ホルモンの働きによるもの。
定期的に月経が訪れるのは、妊娠の準備が行われている証でもあります。
女性ホルモンは体を妊娠可能な状態に整えて、妊娠をすれば出産に向けて妊娠状態を維持し、妊娠が成立しない場合は月経という形で子宮内環境をいったんリセットして、翌月の準備を始めます。
女性ホルモンは毎月毎月、この役目をせっせと果たしています。

それでは、月経の仕組みについてみていきましょう。

子宮内と卵巣の位置を確認しましょう

子宮の構造まずは子宮内と卵巣の位置を見ていきましょう。
子宮内はニワトリの卵ぐらいの大きさ、卵巣はうづらの卵の大きさぐらいで子宮の左右に2つぶら下がっています。
卵巣の中には卵子の素の原始卵胞がたくさんあります。

では生理のメカニズムをみていきましょう。

 

生理(月経)の仕組み。どうして毎月、出血するの?

実は生理(月経)は、”脳からの指令”で起きているんです。

ここから、生理が起こるサイクルを詳しく見ていきましょう。

|01.脳から卵巣へ指令を出す

【卵胞期】8日~10日間

卵胞期は、月経が終わる頃から排卵までの期間です。
脳の視床下部が、その下にある下垂体に指令を出します。すると、下垂体は、「卵胞刺激ホルモン(FSH)」と「黄体形成ホルモン(LH)」という2つの性腺刺激ホルモンを分泌します。
この2つのホルモンが、血流にのって卵巣に届くと、卵巣はこれを指令として受け止めます。
卵巣のなかには原始卵胞がたくさんあり、脳からの指令で卵子をどんどん大きく育て始めます。
そうすると、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増え始めます。このエストロゲンが子宮内膜を厚くしていきます。

脳からの指令で卵子がどんどん育つ中で、特に1つだけ大きくなります。これを主席卵胞といい、直径約15ミリの大きさになります。
エストロゲンがピークになると達すると、脳へフィードバックされます。

 

|02.卵巣から卵子が飛び出す

【排卵期】

エストロゲンの量がピークに達し、脳へフィードバックされると、視床下部から脳下垂体へ指令がでて、「性腺刺激ホルモン(黄体形成掘るオンLH)」が分泌され、卵巣に「排卵していいよ!」と指令がでます。
そうすると、卵巣にある卵胞から、大きくなった卵子が1個だけポーンと飛び出します。
これが「排卵」です。


卵子は卵管の先、卵管采にキャッチされ、卵管の中に取り込まれます。卵管の中で、うまく精子と出会えば、受精卵になります。

排卵前後の4日間くらいが最も妊娠しやすい時期になります。

 

|03.黄体ホルモンが卵巣から分泌され、子宮内はふかふかのベッドに

子宮内がふかふかのベッドのようになる

【黄体期】

排卵後の卵胞は、黄体に変化して、もうひとつの女性ホルモンである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の影響で子宮内膜はさらに厚くなります。たっぷりの粘液と血液を蓄えてふわふわのベッドを準備するように内膜を厚くし、受け入れ態勢を整えて受精卵を待ちます。
この黄体期の間は、PMS(月経前症候群)の不調が起こりやすい時期です。
妊娠が成立しなければ12日~14日で黄体が退行するためホルモン分泌が減少します

 

|04.待っていた受精卵が来ないと

【月経期】

卵巣から排卵した卵子が精子を待てるのは、約1日です。プロゲステロンは、排卵後、約2週間分泌され、子宮内膜へふかふか別途を準備するように指令を出し続けます。
けれども、受精卵が来ないと、7ミリほどに厚くふかふかになった子宮内膜は、必要なくなります。そのため、一斉にはがれ落ちて、体外に排出されるのです。これが生理です。

 

|05.次の妊娠の準備に向けて繰り返す

妊娠が成立しないと、毎月、このサイクルを繰り返します。生理が終わると、子宮内をリセットし、次に備えて新たにベッドメイキングをするイメージです。
こうやって、私たち女性の体は、毎月、妊娠に備えているわけですね。
毎回、妊娠したときの赤ちゃんのためのふかふかベッドを作っている。それが使われずに、はがれ落ちたものが生理だと思うと、なんだか愛おしくなってきませんか。

 

生理の仕組み、いかがでしたか

このように女性のカラダは一般的に約4週間(28~30日)を1サイクルとして、この期間に排卵をし、妊娠の準備で子宮内にふかふかのベッドをつくり、妊娠が成立しなければ生理になります。

卵胞期 → 排卵期 → 黄体期 → 月経期 とサイクルしているなかで、不調が出やすい時期や、生理痛などに悩まされる人も多いですが、いま自分がどの時期なのか、生理も毎回妊娠の準備をしていたからだと把握するだけでも、気持ちが軽くなっていただけるのではないでしょうか。

「イライラしているのは決して私自身のせいじゃない!黄体期だからだ!」とか。

それでもPMSや生理痛って辛いですよね。
どうして辛い症状が起こってしまうのか、対処法はないのでしょうか。

次回以降、生理痛の原因や対処法などお役に立てる記事をアップしていきますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼あわせて読んでいただきたい
女性の卵子の数は決まっていて、老化する?

 

CoCoRo株式会社 代表取締役 石井亜矢子
女性ホルモンバランスプランナー®
サプリメントアドバイザー

▼これまでの記事
石井が書いた記事一覧

▼女性の美容と健康をサポート
COCOROプラセンタ

▼穏やかなわたしに
めぐルナ

 

 

CoCoRo代表 石井

同じカテゴリーの記事

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00

お問合せフォーム