1. TOP
  2. 読みもの
  3. どうして生理痛になるの?つらい生理痛の原因と和らげる方法

labo女性ホルモンラボ

どうして生理痛になるの?つらい生理痛の原因と和らげる方法

一生を通して、ホルモンに左右される女性のココロとカラダ。すこしでも楽に、あなたらしく過ごせるように、女性ホルモンバランスプランナー®の石井理夏(いしいあやか)が女性の視点でお話しします。

今回は「生理痛がひどくて仕事も手につかない。どうして生理痛になるのですか?」とお悩みの30代の女性からのご相談です。
生理痛の原因と和らげる方法を詳しくお話していきますね。

仕事が手につかないほとの激痛。市販の薬が効かなかった時期も

実は、私も20代の頃、毎月毎月、重い生理痛に悩まされていました。

生理開始とともにお腹の鈍痛と腰にずどーんと重みが走り、
のたうち回るほどの痛みでした。

家にいる時ならいいのですが、
外出時や職場での激しい生理痛が襲ってくる時は本当につらかったです。

鈍痛が走るとその痛みが通り過ぎるまで、何かにしがみついていないと耐えれない、動けない、声もだせない状況でした。
痛みのため体が冷えて寒くなり、夏でもお腹にカイロを貼っているほど。

市販の薬では合わず、病院で痛み止めのロキソニンやボルタレンを処方してもらい、常に薬を携帯していないと不安でした。

当時、生理痛の原因なんて考えたこともなかったですが、
そのしくみを知ることで早めに対処できることもあるんだと知りました。

どうして生理痛になるの?つらい生理痛の原因

女性の体は、毎月妊娠に備えて赤ちゃんを迎えるために子宮に血液と粘膜のふかふかのベッドをつくります。
妊娠に至らなかった場合、この子宮の内側の膜がはがれて体外へ排出されます。
これが「生理」です。

生理痛は、この血液と粘膜ふかふかのベッド(子宮内膜)を体の外へ排出させる際に、子宮を収縮させる「プロスタグランジン」という物質が出ることで起こります。

はがれ落ちた子宮内膜(経血)を体の外に押し出すために、子宮の筋肉をぎゅーっと収縮させたり、腸の動きを活発にしたりする働きがあり、子宮の壁にぶつかって痛みを引き起こします。

そのため、子宮が収縮して子宮内膜を外に排出する際に、お腹や腰が痛くなるのです。

「プロスタグランジン」の量が多いと子宮の収縮がそれだけ強く起きてより痛みが強くなります。
また「プロスタグランジン」は血管を収縮させる働きもあるので、血液の流れが悪くなり、その結果、頭痛や肩こりなどの不快な症状もあらわれてきます。

生理痛が重い人は子宮内膜症を疑って。ひどい痛みは一度病院へ

鎮痛剤がないと過ごせない、痛みが強くて家事や仕事ができないことがあるなど、生活に支障が出るような場合は話が別です。
このような状態は「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象になります。

20代、30代女性の月経困難症で最も多い原因の一つが「子宮内膜症」です。
下記の項目をチェックしてみてください。

CHECK!もしかして子宮内膜症かも?!

鎮痛剤が効かないほど生理痛がひどい
以前より生理痛がひどくなってきた
生理以外のときも下腹部痛がある
性交時に腰が引けるほど痛い
排便のときに痛みがある
□肛門の奥の方が痛い
□腰痛がひどい
□なかなか妊娠しない

にチェックがある人は子宮内膜症の疑いが考えられます。
チェックが多い方、ひどい痛みがある方は、一度お医者さまに診てもらってくださいね。

生理痛(月経痛)を和らげる3つの方法

ここでは、生理痛を和らげる3つの方法をご紹介していきます。
(※感じ方には個人差がございます。)

①鎮痛剤を早めに飲む

痛み物質「プロスタグランジン」は子宮の壁にぶつかって痛みがでます。
鎮痛剤を早めに飲むと壁にあたるのを先にブロックするので、ひどくなる前に飲むのがおすすめです。

②生姜(しょうが)湯を飲む

生姜を食べたときに、あとからじんわりくる辛さがショウガオールです。
生姜には、ジンゲロールという成分が含まれています。生姜に熱を加えてジンゲロールが変化したものをショウガオールといいます。

このショウガオールには、痛み成分「プロスタグランジン」の働きを弱める効果があるといわれています。
ひどい生理痛になる前に、生姜湯を早めに飲むと強い味方になってくれそうです。

生理痛(月経痛)を和らげるツボ押しをやってみる

生理痛を和らげるのには、ツボを刺激することも効果的な方法です。
ツボは、押して気持ちよかったり、痛かったりする場所です。

還元(かんげん):おへそから指4本分下

関元(かんげん)は、生理痛に効果があるツボとしてしられています。

内臓が集まっている場所になるので強く押しすぎないでください。

血海(けっかい)・三陰交(さんいんこう)・足三里(あしさんり)

■血海:膝のお皿のはじから指3本分上
血流をよくするといわれています。

■三陰交:内くるぶしから指4本分上
冷え・生理痛・生理不順などに効果が期待できるといわれています。

■足三里:膝のすぐ下の小さな骨のふくらみから2~3センチ外側
腹痛、下痢、嘔吐などによいといわれています。

合谷(ごうこく)・内関(ないかん)

■合谷(ごうこく):親指と人差し指のまた
心をリラックスさせる効果が期待できるといわれています。

■内関(ないかん):手首のシワの中央から指3本分
精神を安定させる効果が期待できるといわれています。

周りになかなか理解してもらえないことも多い生理痛。同じ女性同士でも感じ方は人それぞれで、分かってもらえず肩身の狭い思いをすることもありますよね。
生理痛が少しでも楽になるように、生理と上手につきあっていって、ご自身をいたわってあげてくださいね。

生理は、毎月妊娠に備えて子宮が準備をして、妊娠にいたらなかったら起こるもの。
子宮の内膜を次の妊娠のためにきれいにリセットをする、これが生理です。
そのときに起こってしまう生理痛。
「プロスタグランジン」という成分が、内膜を子宮の外に排出しようと子宮を収縮しているんですね。
生理痛はとてもつらいけれど、体は一生懸命・・・。複雑です。あまりにひどい生理痛は前述したように子宮内膜症や子宮筋腫などの可能性もあるので、お医者さまに一度みてもらってくださいね。
あとは少しでも自分の痛みを和らげれるように、体を温めたり、痛みがひどくなる前にできる対処など心掛けてみてください。

CoCoRo代表石井

この記事を書いた人

CoCoRo代表石井

女性ホルモンバランスプランナー®︎。サプリメントアドバイザー。 私自身の女性特有の悩みから「CoCoRoプラセンタ」を開発。発売から15年、口コミで広げていただき多くの女性に愛飲いただいています。 女性の笑顔が広がれば、しあわせの波動が起こる!日本の女性を元気にしていきたいです。

おすすめの記事

ここはぴのSNS

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00