1. TOP
  2. よみもの
  3. からだノート
  4. 生理前の扁桃腺の腫れ・痛みについて

生理前の扁桃腺の腫れ・痛みについて

飲み物を飲んだときなどに、ふっと感じるイガイガとした喉の痛み。
「風邪かな・・・?」と思っていたら、生理が始まって痛みが治まったといった経験はございませんか?

実はPMS(月経前症候群)の症状の一つに、扁桃腺の腫れや痛みを感じることがあるのです。

そこで今回は、PMS(月経前症候群)の症状の一つとして挙げられる「生理前の扁桃腺の腫れ・痛み」の原因と、症状を緩和させる方法についてご紹介いたします。



生理前、どうして扁桃腺が腫れるのでしょうか?

生理前に扁桃腺が腫れてしまう原因に、免疫力の低下が挙げられます。

生理前に分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)とよばれる女性ホルモンの働きによって、子宮は妊娠の準備に入ります。

その際に、多くのエネルギーや栄養素が消費されることから、体内ではさまざまな栄養素が不足しやすく、普段よりも免疫力が低下しやすい状態になっているのです。

そのため、ウイスルや細菌などにも感染しやすくなり、扁桃腺に炎症が起きてしまうことが考えられます。

生理前の扁桃腺を予防するには?

食べ物で免疫力をケアする

生理前の免疫力が低下する時期には、毎日の食生活で、免疫力をケアしましょう。

免疫力のケアにオススメの食材はこちらです。


納豆
納豆に含まれるアルギニンには、免疫力に関わりのある成長ホルモンの分泌を増やす働きがあります。
特に納豆に含まれているアルギニンは、体に吸収されやすいといわれています。

 


バナナ
バナナには免疫細胞を増やす働きをもつオイゲノールという成分が含まれています。
また、バナナに含まれる豊富な食物繊維は、腸内環境を整える働きがあることから、生理前の便秘解消にも効果的です。

 


生姜
ヒトは、体温が1度下がると、免疫力が30%ほど低下するといわれています。
生姜に含まれるショウガオールという成分は、体温を高める働きがあります。
また、ジンゲロールという成分には、免疫細胞である白血球を増やして免疫力を高める働きがあります。

 

規則正しい生活を心がける

睡眠不足や疲労、過度なストレスは、自律神経を乱してしまうため、免疫力の低下をまねきます。
生理前は特に意識して、ぐっすり眠れるように心かげたり、リラックスして過ごせる環境づくりをしてみましょう。

CoCoRo

同じカテゴリーの記事

PageTop