1. TOP
  2. よみもの
  3. からだノート
  4. 毎月の生理。始まる前に、心と体に変化はありませんか?

毎月の生理。始まる前に、心と体に変化はありませんか?

毎月、生理が始まる前の心や体の変化を感じる女性は多いようです。

たとえば、情緒不安定だったり、眠かったり、食欲が増加したり、むくんだり、体重が増えたり、吐き気を感じたり。

このような、生理前の2~10日間に、心や体の不調や、不快な症状が集中して毎回繰り返しおとずれる場合は、月経前(生理前)症候群が疑われます。

別名 PMS(Premenstrual Syndrome)とよばれています。

そこで今回は、気になるPMS(月経前症候群)について紹介していきます。



PMSとは?

一般的に、PMS(月経前症候群)と思われる生理前の心や体の不調や、不快な症状を、 女性の約80%が経験しているといわれています。

症状のあらわれかたは個人差が激しく、症状がそれほど気にならない程度の人もいれば、 日常生活でさえも差し支えが出てくる人もいます。

人によっては、イライラする、涙もろくなる、マイナス思考になる、など心のバランスが乱れてしまうと感じている方も多いようです。
また、食欲が増進したり、普段は好んで食べないようなものも食べたくなったりという方もいます。

大変つらいPMSの症状ですが、これらの不調は生理が始まるとともになくなり、また生理が始まる前にやってきます。

PMSは、排卵のある女性であれば、誰にでも起こり得る症状です。

どうしてPMSが起こるのでしょう

PMSはなぜ起こるのか、その原因は現在まだはっきりと解明されていませんが、考えられる要素としては下記のものがあります。

●排卵後には女性ホルモン(プロゲステロン)が分泌されますが、この分泌量の変化が関係しているといわれています。
これによって水分代謝や、脳内物質(GABA)に影響を及ぼし、体調が不安定になるといわれています。

●生理前になると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ることにより、セロトニンが低下します。
そのため、ネガティブな気持ちを引き起こすといわれてます。

※女性ホルモン
「エストロゲン(卵胞ホルモン)」…女性らしさ”をつかさどるホルモン
「プロゲステロン(黄体ホルモン)」…“妊娠のため”に必要なホルモン

※脳内物質(GABA)
不安を鎮めたり、睡眠を促進する効果がある脳内物質

※セロトニン
喜びを感じる脳内物質

●代謝が低くからだが冷える場合や、規則正しい食事をせず、ビタミンやミネラルの栄養素が不足している場合も、ホルモンのバランスが崩れていてPMSの症状が強くあらわれる人が多いようです。

PMSの症状を強くしてしまう原因

●性格・・・
几帳面、悩みやすい、細かい、つらくても我慢してしまう

●環境やストレス・・・
環境の変化が起きたときや、常に緊張している状態のとき

●食生活・・・
お酒、甘いもの、タバコなどの嗜好品を摂る、ビタミンやミネラルの不足したバランスの悪い食事

などがあげられます。

PMSの改善方法

例えば…
●食欲が止まらない!イライラする!なら…

➡血糖値が下がると、食欲が普段より増したり、イライラする症状が悪化することがあります。

・血糖値を急激に上げるものは食べないようにする
(チョコレート、砂糖など)

・ゆっくり血糖値を上げるものを食べる
(穀物類、豆類、いも類など)

●情緒不安定になってしまうなら…

➡神経が緊張・興奮している可能性や、ホルモンのバランスも乱れているかもしれません。

・カフェインの入っているものを避ける
(コーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクなど)

・ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムを摂取する
(かつお、レバー、ナッツ類、海藻類など)

など、普段の食べ物で症状が改善することもあります。

また、普段ストレスを感じる生活をしていませんか?
日頃のストレスもPMSを悪化させるといわれています。
PMSの症状を感じるときは、日頃のストレスを解消させることも大切です。

PMSの症状には個人差がありますので、ご自身に合った対策をみつけて症状を和らげていきたいものですね。

 

▼PMSサプリメント 穏やかな私に めぐルナめぐルナ

CoCoRo

同じカテゴリーの記事

私たちはサプリメントアドバイザーです。お気軽にお問い合わせください。

女性スタッフが対応します

0120-497-110

受付時間:平日10:00〜17:00